ドゥハウスは地域の不動産会社として大切なあなたの資産の相談相手になりたい!
ハウスアイコンドゥハウスのサービス
【プロの物件探し】を利用して得られる1つの大きなメリット

売却物件の把握


例えば「○○地区内で新築用の土地を購入したい」そこのあなた!
もちろん○○地区内で売られている土地はすべて把握して検討したいですよね?
ですがかならずしも売出中のすべての物件を把握できるわけではありません。

ナゼか。

本来、売りに出されているはずの物件情報があなたに届いていない可能性があるからです。
実際はあなたが希望している条件にぴったりの物件であろうともそもそも物件の存在を把握していなければ検討すら出来ませんよね。
ではどういった場合に売却物件の情報が届かない可能性があるのか順番にみていきましょう。


売主が広告掲載を嫌がるため



すべての売主が物件売却に関して大っぴらに情報開示することに抵抗がないわけではありません。
例えば郷土色が強い地域では先祖代々受け継いできた土地を売る際は出来るだけ近所に知られずに売却を希望される売主もいます。
そのような物件の売却を任された不動産会社は他の同業者に広告掲載禁止で買主様を探してもらったり、条件がマッチしそうな個人のお客様にご紹介します。


広告掲載することにメリットがないため


現代において不動産の広告として一般の方が目にする機会が多いのがインターネット上のポータルサイトだと思います。「アットホーム」や「スーモ」といったものです。
我々がポータルサイトに物件を掲載させていただく際には掲載料を支払っております。
広告掲載に関する契約内容(掲載料が1物件ごとなのか1枠ごとなのか1ページごとなのか)や不動産会社の方針等次第ですが、「有料」の広告に関する売却物件は掲載する、掲載しないの選別を多くの物件が受けることになります。
では有料広告掲載しない可能性が高い物件はどういった物件だと思いますか?

1.「売却が非常に難しい物件」
2.「売主との媒介契約が一般媒介契約である物件」
 

が挙げられます。

1つ目は具体的にいうと「需要が極端に少ない辺境地」や「相場からかけ離れて高額な売却金額設定を依頼されている物件」等でしょうか。

2つ目について、一般媒介契約とは簡単にいうと物件の売却は誰がしても良く、不動産会社は指定流通機構(不動産会社が閲覧でき物件情報を共有できるもの)に物件情報を登録する義務や売主に業務報告をする義務のない契約になります。
不動産会社からすると自社で物件を売却できる確度が下がるうえに売却活動に関わる義務もない物件ですので広告掲載の優先順位は下がります。


広告掲載する前に物件が成約したため


これに関してはままありえることであり、広告掲載されない理由としては大きなシェアを占めるものになります。
なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

広告掲載する前に成約してしまうということは、その物件の条件に合うお客様がすでにいらっしゃり、そのお客様に不動産会社から物件のご紹介があったということになります。
不動産会社からするとそのタイミングで成約が出来れば、わざわざ労力とお金を使い物件を広告掲載する必要はなくなるので先にそちらに話を振るのは当然といえます。
売却物件が出た時に条件をあらかじめお聞きしているお客様へ先に物件情報が流れ、そこで成約することによって物件情報が一般の目に触れることのない物件成約がおこりえます。
このことから物件探しをするうえで事前に不動産会社へ希望条件を伝えておくことは大きなメリットとなります。

*なお媒介契約の内容において売却活動時にポータルサイトのような有料広告に広告掲載をしなければならないというような義務はありません。
しかし、一般媒介契約以外の媒介契約(専属専任媒介契約・専任媒介契約)は指定流通機構(不動産会社が閲覧でき物件情報を共有できるもの)への登録が義務付けられています。


需要条件を伝える際のポイント


事前に希望する不動産の条件をお伝えしておくということのメリットはお判りいただけたかと思います。
次はその希望条件を伝える際のポイントをお伝え致します。


希望条件は具体的に


程度はありますが条件はある程度具体的な方が良いでしょう。
例えば「金沢市南部」よりかは「野田中学校区」や「泉が丘地区」のような感じです。
「どうしても前面道路が6m以上欲しい」等の絶対条件なんかも事前に絞り込んでお伝え頂いた方が探しやすいです。


メールよりもお電話で



もちろん絶対ではありません。
しかし直接お話させていただいた方が文字のみの場合より情報をより細かく速く受け取ることが可能です。
また言い方のニュアンスなどからも条件希望の強弱が読み取りやすいものです。


ファイル添付が可能な媒体



これは希望条件を伝える際のポイントではなく、物件情報を受け取る際のポイントです。
ご紹介させていただく物件情報をファイル添付して受信可能なメールやLINEなどの媒体をお伝えいただくことをオススメします。
お電話で物件住所をお伝えしたり郵送で案内書をお送りすることは不可能ではありませんがご紹介に時間がかかります。
特に人気のある地域の物件等はスピード感が重要になる場合が多々あります。
物件情報をファイルで受信できる環境をご準備されることをオススメします。


まとめ


今回は【プロの物件探し】を利用した方が良い理由について、一部の売却物件が一般広告に出てこない理由や希望条件を伝える際のポイントを書かせていただきました。

事前に希望条件を伝えることに気乗りしない方の気持ちも分かります。
「頻繁に電話がかかってくるのではないか」「押し売りのようなことをされるのではないか」
というようなイメージを持ってしまいますよね。
当然ですが、そのような心配は全く不要です。
不意なご連絡が嫌だという方は例えば「物件のご紹介連絡を日曜AMのみに限定して送って欲しい」などの要望を伝えていただければご要望の対応をさせていただきます。
弊社ではお客様の需要情報をリスト管理させていただき、毎日様々な媒体をチェックしお客様の条件に合いそうな物件マッチングをさせていただきます。

不動産会社からみても事前に希望条件を伝えておくことは本気で希望条件の物件を取得したいなら強くオススメします。ぜひご活用ください!
【プロの物件探し】https://dohouse-estate.jp/search/


担当:中村